プロミス自動契約機で必要なもの|即日でお金を借りるためのポイント

自動契約機で契約する際に必要なもの

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

プロミスの自動契約機を利用した申し込みは、誰にも会わずにスムーズに契約を完了できます。 必要なものは、本人確認書類として運転免許証・健康保険証・パスポートの内いずれか1点です。プロミス側は本人であることを確認して信用情報機関に問い合わせるので、公的な機関が発行する書類を用意しましょう。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、住民税の領収書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書など(いずれも発行日から6ヶ月以内)、現住所が確認できる書類も必要なものになります。

また、借入希望額が50万円を超える方、他社からの借入残高との合計が100万円を超える方は、収入証明書類として源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、直近2ヶ月の給与明細書+1年分の賞与明細書の中からいずれか1点を用意します。 プロミスの自動契約機では、利用中も契約内容の変更や、カードの再発行・暗証番号変更の手続きなど、便利に利用できます。


リスト これから【プロミス】無人契約機に行きますか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ

自動契約機で契約する際に必要なもの

カードローンを利用するうえで、考えなければいけないのが、返済の際の利息です。借りる時は、急ぎでお金を必要としている事が多いため、あまり、利息の事まで考えず選ぶ人もいるかと思いますが、実際、返済が始まると利息の重みを痛感する事と思います。 そんな利息を初めて使用する人に限り、一定の期間、無利息で融資を受ける事ができる消費者金融があるのです。多くの場合、その無利息期間は30日。その30日間は、利息なしでお金を借りる事ができるのです。

その為、例えば、5万円のお金を借り、30日以内の完済する事ができたとします。そうすると、実質、利息は0円で利用する事ができたと言う事になるのです。こんな便利なサービスを利用しないと損になってしまいます。もちろん、30日間で完済ができなかった場合は、30日後から利息が発生する為、注意が必要です。しかし、もし30日以内に完済する事ができなかったとしても、30日間、利息が発生しない事を考えると非常にお得だと言う事が言えると思います。

ただし、この無利息期間を設けている消費者金融は、限られており、確認が必要です。また、条件としては、初めて、その消費者金融を利用する人に限られている為、何度も利用する事は出来ません。 消費者金融を利用する際は、急ぎの場合が多く、そこまで目を配る事は出来ないかも知れませんが、利用すればお得になる事から考えても、是非、初めての人は利用する事をお勧めしたいと思います。

プロミスのカードレスキャッシングで安心借り入れ!

消費者金融でお金を借りる際に選ぶポイントなるのは審査が素早く終わるのかという点や郵送物など他人にバレる可能性があるのかというような点ですよね。 新しく始まったプロミスのカードレスキャッシングはそんな不安を解消してくれるありがたいサービスとなっています。 カードレスということでお金を借りる、返す際にカードが必要ありません。全ての取引が銀行口座を通して行われるのでATMに行く手間さえも省けてしまいます。

さらにカードが届くこともないので家族と同居している方にとっては嬉しいサービスです。 審査に関してもネット上で全てを完結することができるので簡単かつ回答までの時間がとても短いのです。お金を借りる際にネックになる勤務先への電話での在籍確認ですがこれも希望すれば書類提出に変えてくれます。提出書類も給料明細か健康保険証の写真で良いので面倒な書類集めをすることもありません。 それらの書類を漏れなく提出すれば最短30分ほどで審査の回答を得ることができ審査が通ればすぐに融資を受けることだって可能です。

簡単かつ早く融資を受けられるこのサービスは今後人気になること間違いなしです。 初めての人はもちろん誰にもバレたくない、かつ迅速に融資を受けたい人やこの際他社の融資を纏めたい、ATMに行くのが毎回面倒だなどと全ての人に対応してくれるプロミスのカードレスキャッシングはネット環境と銀行口座をお持ちで融資を検討している人なら誰でも審査を安心して審査を受けることが可能です。

キャッシングで申し込みをしても大丈夫な金額は

キャッシングをに申し込む際には総量規制というものが1つかかわってきます。これは年収の3分の1以上借りることができない制度になります。これが何故あるか?というと、借りすぎを防ぐためにあるのですが、逆に考えると、年収の3分の1以内であれば借りすぎにはならないのか?となります。

これは微妙なところで、一応理論上というか、一般的な人を基準にした場合、年収の3分の1以内ならば困ることは少ないだろうという判断になるはずです。ただ、全員が同じお金の使い方をしているとは限りません。例えば、車や家のローンを払っているとか、結構頻繁に旅行に行くとか、ある程度まとまったお金が定期的に出て行くような人の場合には、よりキャッシングで借りても問題がなさそうな範囲が狭まります。

お金の使い方に関しても、どこまでが平均的なのか?というのは一概には言えませんが、自分の感覚として、人より使っているかもしれないと自覚がある人は3分の1に届かないように借り入れ金額を抑えたほうが良いかもしれないです。3分の1というのは目安に過ぎませんから、総量規制の基準を完全に信じるのではなく、ケースバイケースで自分のお金の使い方と比較して、適正な借り入れ金額を判断していきましょう。

即日キャッシングをしたいなら

即日キャッシングをしたいと思ったら、クレジットカードではできません。元々キャッシング枠のクレジットカードを持っていれば問題はありませんが、そうではなくクレジットカードの申込みから始めるという場合には、即日で発行できるカードは非常に少ないです。

ほとんどのクレジットカードでは即日キャッシングはできないと考えた方が間違いありません。明確に最初から即日融資を望むという事であれば、やはりカードローンの方が確実だと言えるのではないでしょうか。

即日キャッシングのできるカードローンというのは数多くあります。消費者金融系であれば、条件さえ揃っていれば即日キャッシングはほとんどの場合できますが、銀行系だと審査にかなり時間がかかったりもするので注意が必要です。

即日キャッシングのためには、ネット完結申込みであれば平日14時までに契約をする事、契約機は休日でもカード発行ができますが、夜遅くなり過ぎない事などが必要です。なるべく一日の早いうちに申込みをしないと即日キャッシングには失敗するリスクがあるという事を覚えておきましょう。 即日キャッシング希望者の方々にとって、これらの情報が少しでもお役に立ってくれればと思っています。

学生がキャッシングを利用したい場合

学生であってもどうあひてもお金が必要でピンチに直面することがあるものです。そのような場合、社会人と同じようにキャッシングを利用することは出来るのでしょうか。

無条件というわけではありませんが、学生であってもキャッシングを利用できる場合があります。まずは年齢ですが、ほとんどの消費者金融やローン会社などは、満20歳以上の人たちを対象にお金を融資していますので、20歳未満であるならば、キャッシングを利用することは出来ません。

また、申込み者はすべて、毎月一定の収入を得ていることも条件の一つですので、アルバイトか何かで収入があることも必要になってきます。そして、実際に収入があることを確認するためにアルバイト先に電話連絡が行われますので、キャッシングを申し込む際には、事前に電話番号を調べておくようにしましょう。

それでも、この電話は知人を装って個人の名前でかけられますので、アルバイト先にキャッシングのことが漏れる心配はないでしょう。このように、学生の皆さんも20歳以上で収入があるならば、キャッシングを利用出来るのです。

アルバイトでもキャッシング可能

正社員として勤めてわけではなく、アルバイトやパートタイマーとして働いている人がキャッシングを利用したいと思う場合、どうすれば良いでしょうか。雇用形態には関係なく、まずは審査が行われます。ただし、一般的にアルバイトの場合、正社員と比べて毎月の収入が少なく、属性的にも不利ですから、融資限度額は低めの設定となります。 では、審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。正社員の人がキャッシングを申込んだ時と同様に、本人確認と在籍証明と呼ばれることが行われます。

まず、本人確認は、申込者の身分証明書と申込書に記入した住所や氏名が同じかどうかを確認することによって行われます。そして、身分証明書としては、運転免許証か健康保険証、さらにはパスポートが用いられますので、これらのうち一つを申し込みの際に用意しておきましょう。

次に、在籍証明について考えましょう。これは、申込者が本当に働いているかどうかを確認するために行われます。それで、申込書に記入したアルバイト先に電話がかけられることになります。ですから、勤務先の電話番号を調べておくことが必要です。しかしこの電話は、個人名で行われますのでアルバイト先にキャッシングのことがバレる心配はないでしょう。 このように、アルバイトであっても、審査を受けるならキャッシングを利用することは可能なので、必要な方は申込んでみるといいですね 。

利息が低いカードローンを利用する為に

キャッシングを利用する為には、消費者金融系もしくは銀行系のカードローンへ契約申込みをして審査を受ける必要があります。他社から多くのキャッシングの実績がない場合や、自身の属性に特に問題がない場合には、新たな契約審査が通る可能性がありますが、気になるのがキャッシングしたお金に掛かる利息ではないでしょうか。「金利年○%」という表現を良く見かけると思います。利息が1%違うだけで、返済金額が大きく違ってきますので、大切な情報だと思います。

各金融機関のホームページを見ると、契約限度額の枠毎に金利○%~○%と紹介されていますが、実際に利息がどれくらいになるかは、実際に契約申込みをして審査が通った後ではないと分からない仕組みになっています。 より利息が低いカードローンを利用する為には、数社に契約申込みをして審査後に決められた利息を比較する方法があります。審査が通ったカードローンの中から、一番利息が低いものを利用するのが良いのではないでしょうか。

この時注意しなければならないのが、「申込みブラック」にならないようにすることです。利息が低いカードローンを探そうとするあまり、短期間に何社も申込みを続けるのは良くありません。カードローンへの申込み情報や審査状況は、全て信用機関へ登録されるようになっています。短期間にこれら登録情報が多いと、次に申込みをした金融機関の審査に於いて信用機関へ確認した際に、「この人は相当お金に困っているな」となってしまい、審査が通りづらくなってしまうのです。これが所謂申込みブラックと呼ばれる状態です。

どうしれば、申込みブラックにならずに利息の低いカードローンを探せるかを考えると、一度に申込むのは2~3社に留めておくことと、次の申込みまでは3ヶ月~6ヶ月を開けることです。 少しづつ期間を開けながら、複数のカードローンの契約申込みをしながら、一番利息の低いカードローンへ借り換えていくのが良いのではないでしょうか。

初めての人のキャッシング比較

今までキャッシングを利用したことがない人にとって、キャッシングというシステムそのものがよく分からないと不安になることが多いと思います。 基本的にはお金を借りて、一定の額を毎月返済していくというスタイルを取るので、経済的な負担は軽くなります。生活費の足しにしたいという目的であれば、かなり生活が楽になりますから、積極的に利用したいサービスの一つです。

では、事前にキャッシング会社を選ぶ際に、どんな基準で比較をすれば自分にぴったりの会社を選べるのかと言うと、大きく分けて「金利」と「各種手数料」の二つが基準になります。 金利は文字通り、どれくらいの利息が発生するかということです。多くのキャッシング会社は18%の年利を設定していますから、それよりも低い利息の所は安く利用することができるわけです。

一方の手数料に関してはATMなどを利用してお金を借りたり、返したりするので、毎回ATM手数料が発生するかどうかがかなりポイントになっていきます。1回くらいは大したことがないと思っていても、月に数回利用する場合には、ATM手数料が無料の方が断然有利です。 ですから、この2点がちゃんとお得に利用できるかどうかを、基準にして申し込みをすると初心者の方は安心でしょう。

キャッシングの簡易審査

キャッシング会社にお金を融資してもらう時には、必ず審査を通る必要があります。ネットなどを見ていると、10秒審査などの言葉が載っているバナーを見かけることがあると思います。これは、簡易審査というもので、これを通ったからと言ってキャッシングが利用できるというものではありません。

簡単な項目を入力しておくと、融資ができる「可能性があるかどうか」が分かるようになっています。収入が少なかったり無職だったりすると、あまり芳しくない結果が出ることがあります。 ただ、普通に収入を得ている方が利用した時には、融資が可能になるというようなメッセージが出てきますので、自分がもしキャッシングの利用が可能かどうかを判断したいということであれば、この簡易審査を使って様子を見るということも一つの選択肢です。

この簡易審査が終わった後は利用者本人の情報を入力する手続きに入ることになります。入力する情報は、他のサービスの会員登録とそれほど変わりませんので、抵抗感はなく打ち込めると思います。 その後にキャッシング会社の本審査が行われて、融資に問題がないと判断されるとお金を借りることができるようになります。たとえ落ちたとしても、会社を変えて申し込むと通ることもあるので、あきらめずに申し込みをしましょう。

このページの先頭へ