歴史を知ることでもっと青汁がおいしく感じるでしょう

女性

知られざる歴史

青汁って昔からあるような気がするけど、実際どこからきたんだろう。そんな疑問を持った方に向けて今回は青汁の歴史について紹介します。普段何気なく飲んでいた飲み物の歴史を知ることで今までにはなかった愛着がわくかもしれません。
青汁はその昔、九州地方で特に飲まれているような珍しい飲み物でした。地域が限定して飲まれていた理由としては、独特な苦味や青臭さがあることが挙げられます。それが1990年台に入った頃からテレビ番組で罰ゲームの一つとして登場して飲まれるようになってから注目されはじめ、次第に日本中に認知されていくようになりました。特に影響が大きかったのは苦さを強調したテレビCMの存在です。これまで苦いや不味いと言ったネガティブな印象を与えるフレーズを全面的に押し出した演出は稀で、日本中に衝撃を与えて瞬く間に有名になり、その存在を知らない人は今やこの日本にはほとんどいません。そこから健康ブームに乗っかり更に人気が出るようになります。その頃の青汁の原料はケールが中心で、このケールは原料の中でも特に苦味や青臭さが強く、好みの分かれる原因でした。しかし現在は、大麦若葉などの比較的クセのない飲みやすい原料が登場したことで、より親しみやすい飲み物になったといえます。これは青汁の歴史の中でも重要なことで、常にお客様に愛されるためにも当初の飲み辛さを改善するために努力してきた結果なのです。そして、その飲みやすさを改善する努力が実り、現代では様々な味の物が登場し老若男女問わず楽しめるようになりました。
青汁もこのような歴史があったことを考えながら飲めば、より一層美味しく感じることができるかもしれません。

まずは知識を蓄える

女性

近年とても身近な存在となった青汁ですが、それがどういうものなのかを知らない方は多いです。青汁とは何かを知ることでより一層身近な存在として長く付き合っていくことにつながります。

初心者の選び方

青汁と野菜

健康ブームの影響で次々に飲みやすい商品が登場している青汁ですが、初心者の方は自分にあったものを選ぶのも大変です。ここでは初心者でも簡単に自分にあった商品を選ぶ方法をお教えします。

食べてみよう

青汁

健康の為に青汁を飲み続けてきたけど、もうそろそろ飽きてきた。そう思っている方必見です。料理に混ぜるだけで新しい世界の扉を開くことができますので、是非チャレンジしてみましょう。